Q・心因性EDってなに?

A・

 

心因性EDとは、勃起するための体の機能には問題はないのに、なぜか勃起できない、という場合、疑われるものです。

 

緊張や不安、ストレス、プレッシャーなどの心理的、精神的な要因によって勃起しない状態です。

 

心因性EDも2つに分けて考えられています。

 

ひとつは、日常生活でのストレスや、パートナーからの心ない言葉、態度など、その原因にある程度自身が気付いている「現実心因」と呼ばれるもので、もうひとつが、もっと抑圧された子供の頃の体験、トラウマなどが原因となっている「深層心因」です。

 

前者の現実心因によるEDは、原因がある程度はっきりしているので、その原因を取り除くことができれば、EDも治ることが多く、カウンセリングや精神安定剤等で解決できる場合があります。

 

深層心因によるEDの場合、本人にとっては無意識のものであり、原因が分からないケースがほとんどです。

 

このような場合、治療に時間がかかったり、治療そのものが苦痛となってしまうことがあります。


このページの先頭へ戻る