Q・抗うつ剤でEDになるって本当?

A・

 

EDには、心理的、精神的な要因が深く関わっています。

 

心因性EDの場合、精神的ストレスが交感神経を刺激し、血管収縮をさせ、その結果、陰茎海綿体の血流量が減ってしまい、勃起不全を起こします。

 

うつ病とEDの関係は、うつ病のストレスがEDを引き起こすと考えられています。

 

うつ病の治療がすすみ、ストレスが軽減できれば、EDもまた改善できるはずなのです。しかしながら、うつ病治療に使われる抗うつ剤には、性欲を減退させることが分かっています。

 

このため、うつ病でのED治療には注意が必要となり、原因によってもその治療方針が変わります。

 

うつ病時に、性交に積極的になるということもないかと思われますが、EDがうつや不安を増加させるおそれがありますので、どちらも適切な治療を行うことが大切となります。


このページの先頭へ戻る