Q・ED(勃起不全)って自分で治せるの?

A・

 

勃起機能そのものには障害のないED(勃起不全)の場合、生活習慣を見直してみることで、EDの改善につながるケースがあります。

 

例えば、EDにとってタバコは大敵です。

 

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるためです。

 

禁煙、バランスの取れた食事、適度な運動などの生活習慣の見直しがEDの改善、予防につながります。
このような生活習慣の見直しは自身でも注意できることです。

 

また、パートナーの理解と協力を得ることで、緊張や不安から解放され、EDが改善されることもあります。

 

このように、自分で治せることもありますが、精神的なプレッシャーが次のプレッシャーを呼ぶ悪循環に陥ってしまい、どんどん悪化するようなこともありますので、一人で治そうとせずに、専門家の力の借りることも大切です。


このページの先頭へ戻る