Q・EDになってしまったら、もう子供は作れないの?

A・

 

不妊症というと、女性側がクローズアップされることが多いのですが、男性不妊症が原因で子どもができない例も多数あります。

 

男性不妊症の原因には、精子がうまくつくられない、精子をうまく運べない、精子の運動能力が低いなど、精子に障害があり、受精ができず、妊娠に至らないというケースと、勃起不全(ED)によって性交ができないため、受精にいたらないというケースがあります。

 

EDによるセックスレスは、当然のことながら、子供はできませんが、EDの治療に前向きになることで、子供が生まれるチャンスは高くなります。

 

精子に問題がなければ、バイアグラなどのED治療薬を利用するのもひとつの手です。

 

バイアグラによって精子の受精能力が低下するという報告がありますが、健康な精子と比較して多少低下するだけです。

 

むしろ、バイアグラによって精子の運動能力が上がることが分かっているので、こちらの作用を考えれば、バイアグラによって妊娠しにくくなるとは言い切れません。


このページの先頭へ戻る