精力剤のQ&A

精力剤のQ&A|精力剤について多い質問記事一覧

A・勃起不全や勃起障害と言われるEDは、「満足な性交渉をするために十分な勃起を達成できない、あるいは維持できない状態」と定義されています。つまり、勃起が十分でないために満足なセックスができないような場合は、EDであると言えます。もし、特に病気もなく、体力も普通にある、性欲もあるが、いざというときに勃起しない、あるいは十分でない、中折れする、というような場合は、EDであると言えます。
A・勃起不全の原因は、大きく分けて3つあります。ひとつは身体的な原因で、勃起を起こす神経系と血管系が正常に働いていない場合です。これは基質性EDと呼ばれます。もうひとつが、精神的、心理的な要因から勃起不全を起こしている場合です。ストレス、緊張、不安、過去の失敗などが絡んでいて、心因性EDと呼ばれます。3つめは、基質性と心因性の両方が関係している混合型です。ほかにも、服用している薬が原因となったり、...
A・勃起機能そのものには障害のないED(勃起不全)の場合、生活習慣を見直してみることで、EDの改善につながるケースがあります。例えば、EDにとってタバコは大敵です。タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるためです。禁煙、バランスの取れた食事、適度な運動などの生活習慣の見直しがEDの改善、予防につながります。このような生活習慣の見直しは自身でも注意できることです。また、パートナーの理解と協力を...
A・精力剤というと、一般的には、勃起しやすくなる、性欲を高めるといった男性の性的機能の改善、増強を促すものだと考えられています。精力剤には、健康食品(サプリメント)から医薬品(ドリンク剤など)まで、様々な商品があり、中には性ホルモンや性ホルモン様物質を含むもの、勃起を促すものがあります。しかし、すべてに上記のような強精力があるわけではありません。精力剤には、身体機能全般を高める滋養強壮目的のものも...
A・年齢とともに、精力の減退、勃起不全などを経験することがあると、精力剤を思い浮かべるのではないでしょうか。精力剤と呼ばれる商品は、多種多様であり、配合成分やその含有量もさまざまです。簡単に優劣がつけられるものではありません。精力剤を選ぶ際には、自身の体のよう状態、精力減退や勃起不全の原因などをできるだけ考えてから選ぶようにしたいものです。例えば、活力のない体に、強精剤を使っても、効果は実感できま...
A・精力剤には、サプリメント、医薬部外品、医薬品と実にさまざまな種類のものがあります。したがって、このタイミングでのめば、絶対効く、と言いきれるものはありませんので、必ずのみ方や服用方法は、商品に記載されている方法を参照してください。タイミングだけではなく、量もしかりです。サプリメントの場合、1日の服用目安量は記載されていますが、タイミングについては特に記載がない場合があります。あくまでも一般的な...
A・精力剤の中でも、サプリメント、健康食品については、副作用はほとんどないと言ってもよいでしょう。あるとしても、一時的に気分が悪くなったり、動悸が激しくなったり、あるいは、下痢などの胃腸の不具合を感じる人もいるかもしれません。いずれにしても、一時的かつ軽度のものがほとんどです。しかしながら、より効果がでるのでは、という期待より摂取目安量よりも多くのんだ場合は、もっと深刻な副作用があるかもしれません...
A・EDの代表的な原因として、生活習慣病があります。勃起は、陰茎の神経と血管が正常に働くことで起こります。したがって、動脈硬化につながるような、高血圧、高脂血症(コレステロール値や中性脂肪値が高い)、高血糖、肥満などのメタボリックシンドロームもEDを引き起こす原因となります。このように、総コレステロールや、中性脂肪の値が高い人は、正常値のひとよりもEDになりやすいといえます。
A・EDには、心理的、精神的な要因が深く関わっています。心因性EDの場合、精神的ストレスが交感神経を刺激し、血管収縮をさせ、その結果、陰茎海綿体の血流量が減ってしまい、勃起不全を起こします。うつ病とEDの関係は、うつ病のストレスがEDを引き起こすと考えられています。うつ病の治療がすすみ、ストレスが軽減できれば、EDもまた改善できるはずなのです。しかしながら、うつ病治療に使われる抗うつ剤には、性欲を...
A・EDの患者数が多いのは、40代から50代です。これは加齢とともに、動脈硬化が進行していることや、男性ホルモンの分泌が低下してくることなどが関係していると考えられます。やはり加齢というものがEDに関係していることは間違いありません。10代、20代でのEDの例は、意外と多くみられます。このような若い世代のEDの場合、原因の多くは心因性のものです。一人での自慰は問題なくとも、相手がいると緊張して勃起...
A・バイアグラは、医師の処方せんが必要な医療用医薬品です。したがって、もっとも安心して入手できる方法は、泌尿器科などを受診し、医師から処方してもらうことです。現在のとことED治療は、自由診療のため、保険適用外となります。つまり、100%自己負担となってしまい、そのため、バイアグラは1錠あたり、おおよそ1500?2000円となります。この価格は、クリニックなどによって若干差があります。金銭的なことを...
A・不妊症というと、女性側がクローズアップされることが多いのですが、男性不妊症が原因で子どもができない例も多数あります。男性不妊症の原因には、精子がうまくつくられない、精子をうまく運べない、精子の運動能力が低いなど、精子に障害があり、受精ができず、妊娠に至らないというケースと、勃起不全(ED)によって性交ができないため、受精にいたらないというケースがあります。EDによるセックスレスは、当然のことな...
A・薄毛(AGA)治療薬の副作用として最も多く見られるのが、勃起不全や精子の減少です。日本でも承認されているAGA治療薬のプロペシア(フィナステリド)は、男性ホルモンへの影響が大きいため、どうしても上記のような副作用がでてしまいます。では、ED治療とAGA治療は両立できないのかというと、AGA治療薬の副作用によるEDには、バイアグラなどが利用されています。薄毛もEDも、どちらも男性にとっては、重要...
A・精力剤のなかでも、滋養強壮効果を目的としたサプリメントでは、作用も穏やかで、各成分の含有量が栄養所要量(活動的な生活のために摂取することが望ましい1日当たりの平均摂取量)を基準にされています。ですので、過剰摂取に気をつけていれば、基本的には大きな副作用は起きないと考えられます。しかしながら、サプリメントには、様々な成分が含まれているので、のみあわせが悪い成分も含まれている可能性はなきにしもあら...
A・EDの治療は、自由診療であり、保険適用外です。自由診療では、その料金は実施する医療機関が自由に決めることができます。また、保険がきかないため、診察費、薬代は、すべて患者の自己負担となります。保険がきかないとなると、心配なのは、治療費です。ED治療では、内服薬での薬物療法のほか、男性ホルモンの投与、外科的な治療などがあります。この中で治療費がかからないのは、内服薬です。例えば、バイアグラの場合、...
A・現在、内服のED治療薬として国内で承認されているものは、3つあります。世界で最初に承認された『バイアグラ』、次に『レビトラ』、もっとも新しいものが『シアリス』です。いずれも、作用機序は、勃起不全(ED)をひきおこすPDE5という酵素の働きを抑えて、勃起機能を正常化することです。利用された症例が多く、各種のデータがそろっているのは、最初のED治療薬であるバイアグラで、最も安心感があります。とは言...
A・ジェネリック医薬品という言葉をよく耳にしますが、正しく理解されている人は少数派かもしれません。ジェネリック医薬品は、簡単に言ってしまえば、言葉は悪いですが、コピー商品です。莫大な研究開発費を投じて開発された新規の医薬品には、特許期間が設けられ、その間はコピー商品が作られないようになっています。これは、最初の会社の利益を守るためとも考えられますが、安全性を確実にするためにも、重要なことです。現在...
A・マカとバイアグラの効果の程度に関して、どちらが優れているかと判断するのは、大変難しいことです。マカを含有するサプリメントは、全身機能を整えるためには「完全食」と呼ばれるくらいですから、大変役に立つでしょう。バイアグラは、あくまでも勃起機能を正常化するための医薬品となりますので、勃起不全解消の効果という点だけで考えれば、バイアグラの方が即効性も期待できるものとなります。マカの場合は、確実は即効性...
A・ジェネリック医薬品という言葉をよく耳にしますが、正しく理解されている人は少数派かもしれません。ジェネリック医薬品は、簡単に言ってしまえば、言葉は悪いですが、コピー商品です。莫大な研究開発費を投じて開発された新規の医薬品には、特許期間が設けられ、その間はコピー商品が作られないようになっています。これは、最初の会社の利益を守るためとも考えられますが、安全性を確実にするためにも、重要なことです。現在...
A・持続力の根本にあるのは、個人のもつ体力、体を活動的にする精力です。さらに、性行為を続けるためには、性欲も必要となります。これは、理屈ではなく、心身の自然な反応、欲求と言えるでしょう。したがって、身体機能を活性化する精力剤は、持続力のために効果的ではありますが、それだけでは、十分ではないこともあります。勃起不全の治療の一環として、運動が効果的という報告がありますが、これは、身体的な健康と、リラッ...
A・AVやマスターベーションでは勃起するのに、生身の女性を目の前にすると勃起しない、途中で萎えてしまいセックスができないという場合は、心因性EDの可能性があります。性的刺激を受ければ勃起するということは、勃起機能自体には問題はないと考えられます。ただ、実戦ではダメ、という場合は、相手を目の前にした際のプレッシャー、あるいは過去の辛い性的経験などが影響しているため、勃起不全となっているのです。このよ...
A・心因性EDとは、勃起するための体の機能には問題はないのに、なぜか勃起できない、という場合、疑われるものです。緊張や不安、ストレス、プレッシャーなどの心理的、精神的な要因によって勃起しない状態です。心因性EDも2つに分けて考えられています。ひとつは、日常生活でのストレスや、パートナーからの心ない言葉、態度など、その原因にある程度自身が気付いている「現実心因」と呼ばれるもので、もうひとつが、もっと...
A・いわゆる精力剤と呼ばれるサプリメント類であれば、複数併用しても問題ないものもあります。サプリメントの場合は、食事だけでは摂取が困難な栄養分を補うことができるため、体力の維持・増進、身体機能全般の活性化に役立ちます。このような滋養強壮目的の精力剤の場合、体調がよいと感じるようであれば、摂取目安を守りながら積極的に利用してみましょう。併用に注意が必要な精力剤は、もっと効果が強いもの、併用禁忌や併用...
A・加齢による身体機能、精力の衰えは、避けられない部分があります。また、生活習慣病のリスクも高まります。60年以上もの間酷使してきた体に多少ガタがきてもいたしかたない部分はありますが、健康な体、体力、精力をできるだけ保つための努力として、生活習慣の見直し、運動、そして精力剤の利用は効果的とも言えます。年齢とともに性欲の減退を感じることも、いたしかたないことです。そして、性欲の減退が原因で、性行為に...

このページの先頭へ戻る